GoogleのMapsを有効に利用するAPIs

  • Google Maps APIsを導入するポイント

    • GoogleMapsAPIsを導入するためには、グーグルの公式サイト内でAPIキーの収得を行う事から始める必要があります。
      APIキーとはGoogleMapsAPIsの導入における認証手続きで、APIキーを取得して初めてウェブサイト内にGoogleMapsを利用する事が出来るようになります。

      GoogleMapsAPIsの公式ページ内にある、APIキーの収得ページで、画面指示に従い入力やボタンを押すなどしてキーの収得を行う事になりますが、この中で重要な事は入力したサイトURLは必ず登録をしなければならない点です。
      地図の利用においては基本的に無料で使う事が出来ますが、大量のトラックを持つウェブサイトなどの場合、地図の利用者数も多くなるため、課金の対象になるケースもあります。1日に25、000回を超えるマップロードがある場合に課金の対象になるのが特徴です。

      有名なGoogle Maps APIs Premium Planに関する情報が幅広く集まります。

      一人のユーザーが2回のマップロードを行ったとして、25、000回で課金になる場合は、1日当たりのアクセスユーザー数は12.500人になります。
      1日に12.500人のアクセスがあるようなウェブサイトは羨ましいと感じる人も多いかと思われますが、URLの登録をせずにそのままにしてしまうと、他のサイトでもAPIが利用出来るため、複数のサイトで地図が利用されてしまえば、そのアカウントへの課金が行われる可能性も高くなります。



      URLを入力した後は保存ボタンを押して登録しておけば問題はありません。