GoogleのMapsを有効に利用するAPIs

  • Google Maps APIsを利用するポイント

    • GoogleMapsAPIsを利用する時、大半のウェブサイトは無料で使用が出来ます。

      Google Maps APIs Premium Plan情報をご紹介いたします。

      しかし、大量のトラックがあるウェブサイトなどの場合、使用量に制限がある事、そして課金されるケースがある事を把握しておかなければなりません。
      例えば、1日あたりの生成回数が25、000回以上、地図が90日間を超えて連続で使われている時には、グーグルからの課金連絡が入ると言われています。

      GoogleMapsAPIsの公式サイトの中には、標準の使用制限として、マップのロードが24時間当たり、25、000回を超過するまでは無料と定めています。
      これは標準APIユーザーにおける使用制限で、GoogleMapsAPIsには標準以外にもプレミアム版もあります。
      尚、課金の額は、無料の使用制限を超過した時から発生する事になり、1、000回の追加リクエスト単位で行われ、24時間あたり10万回までと定めています。



      一般的なウェブサイトなどの場合、1日に25、000回ものアクセスが行われる事はないので、課金の心配は要りませんが、これからウェブサイトの中にGoogleMapsAPIsを利用してアクセスポイントを明記したい時など、こうした制限がある事を把握しておくと安心です。


      ちなみに、制限付きの無料割り当ての中で、1日のマップロード回数が25、000回を超えた時、APIsの機能が行われなくなるので地図へのアクセスが出来なくなるなどの特徴を持ちます。