GoogleのMapsを有効に利用するAPIs

  • GoogleのMapsを有効に利用するAPIs

    • Googleの位置情報技術は現在世界の多くのアプリケーションの中で効果的に利用されており、特にMapsと連動する機能はホームページ上で簡単に地図を表示できる手法として多くのホームページで用いられています。


      従来はホームページの中に自ら作成した地図を掲載することが多かったのですが、この手法では位置が明確に伝わりにくくなっている問題があった事や、現在地からの道順等は非常にわかりにくいことが多かったと言う理由から現在ではGoogleの位置情報を利用するところが非常に多くなっているのです。

      知って納得のGoogle Maps APIs Premium Planに関する情報をすばやく探せます。

      この位置情報利用するためには、GoogleMapsAPIsの登録を行いその資料を予約してもらうことが必要になります。
      GoogleMapsAPIsは基本的な機能を利用するためには簡単な登録だけ行えば利用できるようになっているため、最近では多くの企業なので自社の位置を示したり様々な位置情報を表現するために利用しており、非常に普及しています。自らのホームページにその情報を埋め込むだけでMapsが表示され自分の位置が表現されるほか、スマートホンなどのナビゲーションソフトに連携することができるため道案内などの機能も実現することができるようになります。

      ただし、Googleが提供するAPIsはこれだけではなく、さらに高度なアプリケーションに連動する情報を提供することができる機能も持っています。



      これらの中には単に登録だけでなくライセンス使用料を支払うなければいけないものもあり、その差別化を行うことでより高度な機能を提供するとともに必要な収益を上げると言う構造になっています。